講師ブログ

このサイトにお越しいただき、まことにありがとうございます。
下記のURLをクリックしていただくと、過去のブログページを表示します。
よろしくお願いします。

講師ブログ http://super100yearscompany.dtiblog.com/

RSS

本日の気づき19

カテゴリ : 中小企業診断士
ビジネスでもプライベートでも、人との信頼を得るには相手をよく知り、自分をよく知ってもらうことが必要です。

相手を知るためには、よく観ることが大切ですね。

何を、どこを観るのか、見た目もある程度は大事ですが、その方の普段の何気ない行動から、ふと本当のその方の本質を見いだすこともあります。

振り返れば、我が身もそのように観られていると言うことですね。

by hayashi


~月詠見先生の今日の一言~

本日は「観ること」を意識しましょう。
「観る」とは、観察の「観」です。
「慎重に観察する」という、主に相手の内面をじっくり慎重に観る時に使用します。
人の内面は言葉には出さずとも、表情やしぐさ、服装や声のトーンなどに表れます。
相手を見て、出来るだけ理解を深めることが大切。
言葉や声だけに、全てが表現されるわけでは御座いません。
相手の内側にある心の声や本質に、目を向け耳を傾けてみましょう。
その為には「見る」ではなく「観る」が必要ですからね。
良い一日をお祈りしております。

本日の気づき18

カテゴリ : 中小企業診断士
サービスという言葉は様々な意味で使われます。

しかし英語の元々の意味は仕えるというところから
出ていますから、奉仕的な意味があると考えます。

日本には、先義後利、すなわち、先ずは相手に尽くすことから
始め、見返りを求めないという考え方もあります。

また、自利利他、相手に喜んでいただくこと、
それが自分の喜びである。ということも言われます。

それを続けていると、意識しなくても
いいことがあるということです。


~月詠見先生の今日の一言~


本日は「サービス精神」を意識しましょう。
下心なく「相手に何かしてあげたい」というサービス精神は、周囲から慕われる条件の一つです。
見返りを求めるものでは御座いません。
純粋な気持ちで相手に何かを与えていると、自ずと返って来るようになりますからね。
その純粋なキャッチボールを繰り返す内に、仲の良さや信頼関係、絆が深まっていくものです。
良い一日をお祈りしております。

本日の気づき17

カテゴリ : 中小企業診断士
今日は新しくチャレンジする際の心の迷い
について書いてます。

起業家の方へ
あなたがこれから挑戦する世界は、まだ見ぬ
未知の世界です。
しかし恐れる必要はありません。
挑戦するあなたが尊いのですから。
誰でもできることではありませんから。
一歩を踏み出したあなたを応援しています。


ここからは月詠見さんの言葉から
本日は「前進」を意識しましょう。
新しく何かを始める時、何かに挑戦しようとした時、その第一歩を踏み出すことに躊躇いを感じてしまうことがあるかも知れません。
躊躇いを感じてしまう気持ちを抱くことは何も悪いことでは御座いません。
しかし、大切なことは第一歩を踏む為の勇気を持つことです。
経験が無いのですから、失敗をしても仕方がありません。
恐れることなく、進むことで輝きに溢れる未来を創ることが出来ます。
あなたは挑戦する勇気をお持ちです。
不安にならず前進してみて下さい。
良い一日をお祈りしております。

本日の気づき16

カテゴリ : 中小企業診断士
言葉の持つ力は無限大と言っても
過言ではありません。

良い言葉を常に持ち続ければ、
人生は上向きに動き、
逆ならば、人生もそのようになるのです。

では、良い言葉とはなんでしょう。


本日は「良い言葉」を意識しましょう。
良い言葉とは聞いて嬉しい言葉、その言葉を使うと自分自身も心が安らぐ言葉です。
相手に良い気持ちになってもらう前に、自分自身が使うことで心が安らぐ言葉でなくてはなりません。
言葉を発するのはあなた自身です。
あなたの心が優しく安らいだ状態でいると自然に笑顔が生まれてきます。
相手にも自分自身にも良い言葉を投げかけるようにして下さい。
良い一日をお祈りしております。

本日の気づき15

カテゴリ : 中小企業診断士
あなたは物事を決める時、理詰派ですか?
直感派ですか?

その違いは情報の質の違いかもしれません。

客観的情報か、主観的情報か。

情報のことを書いてます。

本日は「情報」を意識しましょう。
日常の中で私達が行う全てのことは、「自ら考えついた情報」から成されるものでは御座いません。
頭の中に取り入れた多くの優れた情報という素材が、あなたにとって素晴らしい料理を作り出せる要素となっているのです。
情報は、自分の行いたいことを捻出する為にも必要ですし、自分が考えつかないようなこともあるでしょう。
何かを楽しむ、進展させる、理解を深めるということには、必ずそれらに対する情報(素材)が必要ですからね。
良い一日をお祈りしております。
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

会社情報

本社
TEL

075-778-5041(直通)
FAX
075-256-8660
住所

京都市中京区
河原町通御池下る2丁目
下丸屋町403番地
FISビル2F(地図)


QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード